あがり症を改善できる方法

あがり症の原因

どうして人はあがり症になってしまのでしょう。克服するためには、どうしてそうなるのか原因を考えることがポイントです。

横隔神経が、あがり症の原因のひとつだといわれています。 敏感な神経で、ちょっとした緊張や不安などをキャッチします。横隔神経は、あがり症による心の動きにも当然反応します。 場所は横隔膜と喉の連結部分にあります。横隔膜の上下の動きをつかさどっている神経が横隔神経です。

精神的なことも考えられます。例えば普段しないことを行うと緊張してしまうケースです。 たくさんの人の前で話したりする時、失敗しないかと、ドキドキしてしまったことはありませんか。それを気にしすぎてしまうと、苦手意識が芽生えてくることもあります。 神経伝達物質ノである、ノルアドレナリンとあがり症も関連しています。 あがり症の症状である汗がにじんできて心拍数も上がっている状態、それがノルアドレナリンが分泌されている証拠です。ノルアドレナリンにより、交感神経が活発になることで起きる現象です。

思いこみによるところもあります。自分に自信がない時や、あがり症に違いないと考えていると、本当にあがり症になってしまうのです。 あがることなく、思うように行動したいならば、どうしてあがってしまうのかを検討することが必要となります。どういうシーンでそれは起きるのか、考えることが大切です。 あがり症の原因を知ることで、対策を取ることができるでしょう。

あがり症を改善できる方法


このページの先頭へ戻る