あがり症を改善できる方法

あがり症のさまざまな症状

あがり症とひとことにいっても、その症状はさまざまです。どうしてあがり症になるのかということによっても変わってきます。 気持ちが浮き足立ってしまうことが多くあります。場合によっては、自分に起きている症状が、どういうものだったか分かっていない場合もあります。 近くで見ていた人に、どんな様子だったかを聞いてみることが、解決に向けたひとつの方法です。

よくある症状は声が震えることです。人に見られていることを意識したり、たくさんの人前で話すことに苦手意識があったりする時に、普通に声が出せなくなります。

顔が赤くなる症状も、あがり症のひとつです。赤面恐怖症は緊張して赤面してしまうのを、恐れることから起こります。

あがってしまうとともに、たくさん汗が体中から吹き出すのも、あがり症の症状です。

口に食べ物を入れるところを見せたくない、緊張で普通に食べられない、人前でゆっくり食べることができないなど症状もあります。これを会食恐怖といいます。この症状が起きると、楽しいはずの食事の時間が苦痛になってしまいかねません。

改まった場所で文字を書く時にも、あがり症の症状が見られます。書痙(しょけい)と呼ばれ、冠婚葬祭の際、入り口で名前等を思うように書けないのです。

どもる、落ち着かない、動悸がして気持ちが悪い、トイレが近いなど、あがり症の症状はさまざまです。

あがり症になる原因が違えば、症状も違うと心得ておきましょう。

あがり症を改善できる方法


このページの先頭へ戻る