あがり症を改善できる方法

あがり症克服に効果的なエクスポージャー法

あがり症が起きてしまう状況を作ることで、あがり症を克服する方法があります。声や手が震えたり、顔が赤くなるといった症状が出なくなるまで、その環境にいつづけるのです。 これが曝露反応法、またはエクスポージャー法といわれる方法です。

例えば、犬が苦手な人が犬をなでる訓練をする方法があります。徐々にしっかりなでられるようになり、苦手意識を克服していくのです。 エクスポージャー法では、恐れていることや状況を、ひとつずつ克服していくという方法です。簡単にクリアできそうなことから取り組みます。そこから、少しずつ難易度の高いことに挑戦していきます。

ひとつ克服したという経験は、あがり症克服への自信にも繋がります。段階を踏んでいくうちに、以前はあがり症の症状が起きていた状況でも、平気でいられるようになるでしょう。

まず、あがり症がひどくなるのは、男女どちらで何歳くらいなのか、何人以上に見られたら気になるのかなどを調べます。特定の状況であがるならばそれも調査します。 それを克服するのが易しそうなものから並べ、順番に挑戦していきます。 いいようのない恐怖を感じることもあるかもしれません。気負わず少しずつ状況に慣れていくことが大切です。そうすれば、あがり症克服に一歩ずつ近づいていることを実感できるでしょう。

段階を踏むとあって時間はかかります。正面から取り組めば、きっと克服の兆しを感じることができるでしょう。

あがり症を改善できる方法


このページの先頭へ戻る