あがり症を改善できる方法

あがり症を克服できるβ遮断薬

不整脈、心筋梗塞、高血圧などの治療に用いられる、β遮断薬という薬物があります。 身体の器官にあるβ受容体に作用します。そして神経伝達物資として分泌される、ノルアドレナリンの動きを封じ込めてしまうのです。 ノルアドレナリンは、あがり症の原因として有名な物質です。あがり症克服のための有効な薬物として、治療に活用されています。 きちんと効果を得られる薬です。その取り扱いには十分注意しましょう。

あがり症に効果を発揮するβ遮断薬は、心臓疾患や喘息治療のための薬との飲み合わせはNGです。医師など専門家に確認して治療をすることをお勧めします。

あがり症が発症することにより起こる、多汗症や声の震え、動悸などの症状に効果を発揮します。 薬を飲んで1時間後くらいから効き出します。しばらくそのまま落ち着いた状態を保つことが可能です。飲んですぐ効いてくる使い勝手のよさが特徴です。 あがり症が発症しそうな、1時間前から飲めば、リラックスした状態で予定をこなすことができます。

あがり症の克服のために、定期的に飲む治療法もあります。ですが、薬を飲むことに依存しすぎてしまうと何にもなりません。薬を飲んでいないと緊張して、焦ってしまいます。必要以上に薬を飲んでしまわないようにしましょう。

β遮断薬など、あがり症の薬は一時的な効果しか期待できませんので、根本的な解決にはならず、薬を飲み続けなくてはなりません。 最近は薬に頼らない治療ノウハウが積みあがってきています。以下の無料メール講座も参考にしてみてください。

あがり症を改善できる方法


このページの先頭へ戻る