あがり症を改善できる方法

あがり症を治療する病院・施設

あがり症を本格的に治療したいならば、精神科か心療内科、神経科などが候補となります。あがり症治療のために、まずは通う病院を決めましょう。 精神科と神経科が併設されている病院は多く見られます。これは扱う薬があまり変わらないためです。

神経科では、神経系の診断を専門とするところがあります。あがり症治療を行っている場合もよくあります。 神経症をはじめ、うつ病などを診断しているのが精神科です。 精神病に関する理解も深まっています。大きな偏見があった以前に比べて、ずいぶん通う抵抗感は低くなってきました。精神病は、いつ自分がかかるかもしれない、心の風邪としての認知度も広がっています。

胃腸が不調だ、ストレスで体調がぼろぼろだという場合は、心療内科に行きます。 心の状態を確認したり、内科の分野である血液検査など、体内外のバランスを診ます。一般的に、心身症と呼ばれる症状が該当します。例えば過敏性腸症候群、多汗症、月経前緊張症、過食症、夜尿症などです。

薬以外の本格的な治療で、カウンセリングという方法もあります。公的・民間問わず、多くのカウンセラーが、あがり症の治療に取り組んでいます。

病院や薬に頼らない治療法もあります。以下の無料メール講座も参考にしてみてください。

あがり症を改善できる方法


このページの先頭へ戻る