アトピー性皮膚炎とステロイドの副作用

アトピー性皮膚炎の治療に用いられるステロイドは、副作用が強く、使用時には必ず医師の指示に従い、正しく使用することが大切です。

アトピー性皮膚炎が重症化に至った場合、最初にステロイドを使用して治療を行うことが多く、ステロイドによって症状が抑えられてくると、徐々に弱い薬と移行し、最終的には、使用をしなくても良いようにしていきます。これは、ステロイドを必要最低限の使用にとどめ、長期化を防ぐためだといえます。

ステロイドは、長期的に使用すると離脱症状が重く現れ、患者に大きな負担となります。主な離脱症状は、血圧上昇、皮膚炎の悪化、管障害、腎障害、白内障、多臓器不全などを招く可能性があります。長期にわたり、ステロイドを使用すると皮膚に酸化コレステロールが定着し、体の外へ排出させるには、数ヶ月かかるようです。

アトピー性皮膚炎の治療に多く用いられるステロイド剤の離脱期間で、アレルゲンになるホコリやハウスダストを取り除き、食事でも肉類や甘いものなどの摂取を控え、オリゴ糖など腸内の善玉コレステロールを増やすものや食物繊維で腐敗物を早期に除去するようにすることが大切です。また、ストレスを抱えず、適度な運動を心がけ、アトピー性皮膚炎を薬だけでなく、身体的にも改善できる方法を試して見ると良いでしょう。


このページの先頭へ戻る