乳児アトピー性皮膚炎

乳児アトピー性皮膚炎は、赤ちゃんに起こる皮膚疾患です。ただでさえ可愛い愛おしい生まれたばかりの赤ちゃんに、皮膚疾患が出てしまうことはとても心配です。赤ちゃんのアトピーである、乳児アトピー性皮膚炎について、予備知識をつけておきましょう。

乳児アトピー性皮膚炎にかかると、生後60〜90日の間で体がかゆくなり始めます。痒くなり始めると、その後60日間はそのかゆみが続きます。ただでさえ汗かきの赤ちゃんには、大変かわいそうなことです。

乳児アトピー性皮膚炎だと感じたら、すぐにお医者さんでみてもらいましょう。食物アレルギーがあるこ動かを確認し、食べ物に気をつけるように心がけるようにする必要があります。乳児アトピー性皮膚炎だと食物アレルギーである、ということにはならないのですが、関連性を知ることは大切ですので、ぜひとも検査してみましょう。

ひどくなってくると、乳児アトピー性皮膚炎の場合は、耳切れを起こしたり、肌の柔らかいデリケートな部分が、赤く腫れたりカサカサになったりするようです。乳児アトピー性皮膚炎は、一般では特定することは難しいので、しっかり先生の言いつけを守り、正しい対応をしていくことが、乳児アトピー性皮膚炎改善の近道です。


このページの先頭へ戻る