アトピー性皮膚炎を漢方薬で改善

漢方薬はもともと体が持っている自然治癒力を高め、体の内側から病気を改善していく東洋医学です。西洋医学とは違った観点からの治療法になります。アトピー性皮膚炎もこの漢方薬での治療が効果的です。薬を塗ってばかりで一向に症状が改善されないという人はこの漢方薬での治療を試してみてはいかがでしょうか。

アトピー性皮膚炎の体質を改善するのに、ステロイド剤や抗ヒスタミンの薬などは使用をやめたほうが、本来持っている治癒力を知ることができるのですが、かゆみを抑えるのにどうしても必要だったり、急にやめてしまうとかゆみが悪化するということもあるでしょうから、それぞれの専門医と相談しながら漢方薬と併用するようにしてください。

小児アトピーに効果的な漢方薬は黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)。また消風散(しょうふうさん)はアトピー性皮膚炎の皮膚の痛みに効果的です。体質を改善するための漢方薬には、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)。かゆみを抑え、尿から敗毒作用のある十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)。ほかにもアトピー性皮膚炎には防巳黄耆湯(ぼうぎおうぎとう)や温経湯(うんけいとう)といった漢方薬があります。すぐに効果が出るわけではなく、じっくり改善していきますから、気長に服用するようにしていきましょう。個人の症状に合わせた処方をしてくれます。


このページの先頭へ戻る