赤ちゃん虫歯治療

赤ちゃんの歯は乳歯だし、どうせ永久歯に生え変わるのだから、虫歯になっても治療の必要はないと考える方もいるかもしれませんが、大きな間違いです。

歯の生え変わりの時期になると、乳歯の下に永久歯が準備をしますが、乳歯が虫歯だと生える前から永久歯が虫歯に感染してしまえう危険性があるのです。

また、虫歯になるには原因があります。主に生活習慣です。 その虫歯の原因である生活習慣を正さない限り、永久歯になっても虫歯になる可能性は非常に高くなります。

歯は、一生使うものです。 できるだけ虫歯にならない生活習慣を身につけさせてあげることが必要です。 もしも、赤ちゃんが虫歯になってしまった場合は、子ども自身が虫歯の治療の必要性を理解できるようになる三歳までは本格的な治療を避けるようにします。 虫歯の進行を止める薬サホライド(フッ素ジアミン銀製剤)を塗ったり、こまめにジェルコートFなどのフッ化ナトリウム製剤を塗ってあげることで対応してください。 合わせて、虫歯にならないように、生活習慣を見直すことが重要です。

赤ちゃん虫歯治療関連コンテンツ

赤ちゃんの虫歯

このページの先頭へ戻る