鼻を正しくかむこと

鼻炎の代表的な症状である、鼻水が出てきた場合、多くの人は鼻をかむという行為をとるでしょう。鼻をかむという行為は、いつの間にか多くの人がやっていますが、正しい花のかみ方をする必要があります。
鼻をかむことは、普通に考えると簡単な動作に見えますが、正しいかみ方をしないと、逆に鼻炎の炎症を悪化することになってしまいます。正しい花のかみ方を紹介する前に、まずは悪いかみ方を見てみましょう。
力に任せて鼻をかむと、鼻の粘膜を傷つけてしまったり、耳が痛くなったりするでしょう。両方の花を同時にかむという行為をすると、鼻水が鼻の奥に流れやすくなってしまうためやってはいけません。鼻炎が悪化する可能性があります。
鼻水が残ってしまうようなかみ方をすると、残った鼻水から炎症が広がってしまう可能性があります。これらの鼻のかみ方を行なっている人は、鼻のかみ方を治す必要があるでしょう。
正しい鼻のかみ方は、片方ずつかむことで、反対側の鼻の穴はしっかりと抑えるようにしましょう。そして、力を入れないでゆっくりと少しずつかむことが大切です。一度にかもうとすると、どうしても力んでしまうため、何回かに分けてから鼻をかむようにしましょう。
鼻をかむときは鼻呼吸をするのではなく、口呼吸で息を吸ってから、鼻呼吸で吐き出すようにします。鼻で呼吸をしないのは、鼻水を吸う時に、鼻水が奥に流れていってしまわないように口で吸います。この鼻のかみかたをマスターすると、鼻炎を悪化させる人用も無く、簡単に鼻をかむことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事関連ページ

鼻炎対策グッズについて
花粉症などの鼻炎の季節が近づいてくると、それを予防するグッズがたくさん登場してきます。鼻炎のためのアイテムでも特に人気があるものを紹介していきましょう。まずは鼻炎対策マスクです。鼻炎対策マスクはたくさ... 鼻炎対策グッズについての続きを読む>
鼻炎と飲酒
鼻炎の症状がある方は、お酒を飲んでしまうと、鼻炎の炎症が悪化してしまうことがあるということを知っていますか。体の中にアルコールが入ってしまうと、体内の血行が良くなるため、血管が膨張してしまいます。鼻炎... 鼻炎と飲酒の続きを読む>
鼻を正しくかむこと
鼻炎の代表的な症状である、鼻水が出てきた場合、多くの人は鼻をかむという行為をとるでしょう。鼻をかむという行為は、いつの間にか多くの人がやっていますが、正しい花のかみ方をする必要があります。鼻をかむこと... 鼻を正しくかむことの続きを読む>

このページの先頭へ戻る