子どもの鼻炎とは

鼻炎は大人だけがかかるものと考えている人が居ますが、子どもも鼻炎になることがあります。特に最近は鼻炎になっている子どもが目立つようになりました。
子どもの場合、もし鼻炎になったとしても、状態を上手く伝えられないため、ただの鼻水や鼻づまりだと判断してしまうことがあります。しかし、鼻炎をそのままの状態にしておくと、大人と同じような症状を患い、集中力の低下や、睡眠を満足に摂れない状況になるなど、生活習慣に影響が出てしまいます。子どもの鼻炎に気づくためには、よく鼻をこすったり、鼻をほじったり、鼻血が頻繁に出始めるといった状況があれば、子どもは鼻炎の可能性があります。
また、乳児の場合は鼻が詰まってしまうことによって、母乳やミルクを上手に飲むことができなくなるでしょう。大人も同じですが、鼻水や鼻づまりがすぐには解消されません。そういった場合は、鼻炎の可能性が高いでしょう。症状がどうなっているか、しっかりと観察することが大切です。
大人より子どもの方が、粘膜もデリケートな存在になっていますので、同じ鼻炎の症状でも、子どもよりも大人の方が強くなってしまいます。
鼻炎の治療法は、大人も子供も同じ方法で行います。ただし、子どもの鼻炎は「自然寛解(しぜんかんかい)」と言われていて、成長とともに鼻炎が起こらなくなるということだそうです。鼻炎を起こす物質に対して、反応が薄くなるくらいで、感知するわけでは無いそうです。日頃のケアは忘れずに行うと良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事関連ページ

鼻炎対策グッズについて
花粉症などの鼻炎の季節が近づいてくると、それを予防するグッズがたくさん登場してきます。鼻炎のためのアイテムでも特に人気があるものを紹介していきましょう。まずは鼻炎対策マスクです。鼻炎対策マスクはたくさ... 鼻炎対策グッズについての続きを読む>
鼻炎と飲酒
鼻炎の症状がある方は、お酒を飲んでしまうと、鼻炎の炎症が悪化してしまうことがあるということを知っていますか。体の中にアルコールが入ってしまうと、体内の血行が良くなるため、血管が膨張してしまいます。鼻炎... 鼻炎と飲酒の続きを読む>
鼻を正しくかむこと
鼻炎の代表的な症状である、鼻水が出てきた場合、多くの人は鼻をかむという行為をとるでしょう。鼻をかむという行為は、いつの間にか多くの人がやっていますが、正しい花のかみ方をする必要があります。鼻をかむこと... 鼻を正しくかむことの続きを読む>

このページの先頭へ戻る