鼻炎と飲酒

鼻炎の症状がある方は、お酒を飲んでしまうと、鼻炎の炎症が悪化してしまうことがあるということを知っていますか。体の中にアルコールが入ってしまうと、体内の血行が良くなるため、血管が膨張してしまいます。
鼻炎を持っている方は、常に鼻の粘膜がデリケートな状態でしょう。症状がそこまでひどくない場合でも、ある程度の鼻の膨張は残っているため、お酒を飲んでしまうと、血管が膨張し、腫れも大きくなってしまうため、鼻炎の症状が悪化すると言われています。
鼻炎の症状を持っていない人でも、お酒を飲むと血管が膨張して狭くなってしまいます。鼻づまりの症状が無い人でも、鼻が詰まっている感じや、いびきをかいてしまうことがあります。お酒を飲まないひとでも、そういった状況になるので、お酒を飲んでいる人は症状がきついでしょう。
対処法としては、鼻炎になっている方は、お酒をあまり飲まないことが1番の対処法です。特に鼻炎の症状が出ていたり、鼻炎の薬を服用している場合は、アルコールは控える方が良いでしょう。
さらに、薬を普段から飲んでいる方は、薬を飲んでいるときの飲酒は控えましょう。特に鼻炎の症状が出ている状態や、鼻炎の薬を飲んでいる状態では、積極的にお酒は控えましょう。
薬を飲んでいる場面での飲酒をすると、アルコールが薬の効果を打ち消したり、悪影響を与えたりすることがあるので、注意しておいてください。飲酒をすると鼻炎が悪化するという考えを頭に入れておくことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事関連ページ

鼻炎対策グッズについて
花粉症などの鼻炎の季節が近づいてくると、それを予防するグッズがたくさん登場してきます。鼻炎のためのアイテムでも特に人気があるものを紹介していきましょう。まずは鼻炎対策マスクです。鼻炎対策マスクはたくさ... 鼻炎対策グッズについての続きを読む>
鼻炎と飲酒
鼻炎の症状がある方は、お酒を飲んでしまうと、鼻炎の炎症が悪化してしまうことがあるということを知っていますか。体の中にアルコールが入ってしまうと、体内の血行が良くなるため、血管が膨張してしまいます。鼻炎... 鼻炎と飲酒の続きを読む>
鼻を正しくかむこと
鼻炎の代表的な症状である、鼻水が出てきた場合、多くの人は鼻をかむという行為をとるでしょう。鼻をかむという行為は、いつの間にか多くの人がやっていますが、正しい花のかみ方をする必要があります。鼻をかむこと... 鼻を正しくかむことの続きを読む>

このページの先頭へ戻る