妊娠性鼻炎とは

鼻炎の種類に「妊娠性鼻炎」というのがあることを知っている人は多いのでしょうか。妊娠性鼻炎も、アレルギー性鼻炎と同様に、鼻水や鼻づまりが起こり、鼻炎炎症をおこしますが、妊娠性鼻炎の場合はその原因がホルモンバランスの変化などが原因で起こります。
妊娠をするとホルモンバランスに変化が起こることは、多くの人が知っているでしょう。その変化が自律神経にも影響を与えて、鼻の粘膜が刺激を受けやすくなり、アレルギーを起こしやすい状態に変化します。
妊娠性鼻炎の場合は、通常のアレルギー性鼻炎と違い、症状が出てくる期間や現われ方に違いがあります。現われ方の特徴としては、これまで全く鼻炎とは関係が無かった人が、妊娠をきっかけに鼻炎になってしまうことです。そして出産後2週間以内には症状が全てなくなります。
心配しになるのが、妊娠性鼻炎になったときの治療方法です。妊娠しているわけですので、母体だけでなく、退治のことも考えて治療する必要があります。
安全な状況を守ることを第一に考えて、そして効率的な方法としては、鼻腔を拡張するテープを使うとやり方や、鼻洗浄などがあります。鼻炎炎症があまりにひどい場合は、血管収縮点鼻薬を使うこともできますが、点鼻薬の継続使用は、鼻炎症状を悪化させることがあるため、試用期間を定めての使用をお勧めします。
妊娠中に鼻炎炎症が起こった場合、市販の薬を自己の判断で使用してはいけません。かならずお医者さんと相談してから決めてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事関連ページ

鼻炎対策グッズについて
花粉症などの鼻炎の季節が近づいてくると、それを予防するグッズがたくさん登場してきます。鼻炎のためのアイテムでも特に人気があるものを紹介していきましょう。まずは鼻炎対策マスクです。鼻炎対策マスクはたくさ... 鼻炎対策グッズについての続きを読む>
鼻炎と飲酒
鼻炎の症状がある方は、お酒を飲んでしまうと、鼻炎の炎症が悪化してしまうことがあるということを知っていますか。体の中にアルコールが入ってしまうと、体内の血行が良くなるため、血管が膨張してしまいます。鼻炎... 鼻炎と飲酒の続きを読む>
鼻を正しくかむこと
鼻炎の代表的な症状である、鼻水が出てきた場合、多くの人は鼻をかむという行為をとるでしょう。鼻をかむという行為は、いつの間にか多くの人がやっていますが、正しい花のかみ方をする必要があります。鼻をかむこと... 鼻を正しくかむことの続きを読む>

このページの先頭へ戻る