鼻炎と蓄膿症の繋がり

鼻炎が慢性化してしまうと「蓄膿症」になってしまうことがあります。蓄膿症は正式名称が「慢性副鼻腔炎」という病気で、副鼻腔という場所に膿が溜まっている状態を言います。
ウイルス性の鼻炎や、アレルギー性鼻炎が何度も起こってしまうと、鼻炎症状を引き起こす物質が鼻の粘膜に残ってしまったり、鼻の粘膜が刺激に弱い状態になるため、鼻炎が酷くなる状態を作りやすくなります。
蓄膿症とはどういった症状かと言いますと、よく見られる症状としては鼻炎と同じように、鼻水や鼻づまりですが、その鼻水が黄色や緑っぽい色をしていたり、鼻づまりが強いため鼻の付け根に痛みを感じるといった症状です。また、頭痛がひどいことも蓄膿症の症状でしょう。
蓄膿症を治療するためには、抗生物質や抗アレルギー剤の服用が多く、だいたい2~3か月の間薬を服用すれば改善するでしょう。まれに、薬の服用では症状が治らない場合があり、そうなると手術で治す必要があります。
手術ではレーザーを使ったり、超音波を使ったりと短時間でできるものが多いですが、まだまだどこでもできるというわけでは無く、専門的な医療機関へ行く必要があるため、できれば手術になることは避けたいでしょう。そのためには、早期発見し早期治療することが重要です。
鼻炎が慢性化して蓄膿症になってしまった場合、完治するのに時間を要します。鼻炎がなかなか治らないなと感じた場合は、早めに医療機関による診察を受けて、適切な治療を受けなければなりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事関連ページ

鼻炎対策グッズについて
花粉症などの鼻炎の季節が近づいてくると、それを予防するグッズがたくさん登場してきます。鼻炎のためのアイテムでも特に人気があるものを紹介していきましょう。まずは鼻炎対策マスクです。鼻炎対策マスクはたくさ... 鼻炎対策グッズについての続きを読む>
鼻炎と飲酒
鼻炎の症状がある方は、お酒を飲んでしまうと、鼻炎の炎症が悪化してしまうことがあるということを知っていますか。体の中にアルコールが入ってしまうと、体内の血行が良くなるため、血管が膨張してしまいます。鼻炎... 鼻炎と飲酒の続きを読む>
鼻を正しくかむこと
鼻炎の代表的な症状である、鼻水が出てきた場合、多くの人は鼻をかむという行為をとるでしょう。鼻をかむという行為は、いつの間にか多くの人がやっていますが、正しい花のかみ方をする必要があります。鼻をかむこと... 鼻を正しくかむことの続きを読む>

このページの先頭へ戻る