鼻炎の診断方法

鼻炎の症状は自分でも解ることが多いのではないでしょうか。ですが正しく診察してもらうためには、医師の診断を仰ぐしかありません。鼻炎であるかの診断は、医師によって方法は少しずつ違ってきますが、大まかには以下のような方法で診断します。
まずは問診をします。鼻水、鼻づまり、くしゃみの症状があるか、それは風邪によるものなのか、症状が出る原因は季節によるものなのか、鼻炎の症状が出るような環境にいるのかなどを問診で判断します。どういう時に鼻炎の症状が出るかという部分が、鼻炎の種類を判断するために大事なポイントになりますので、診察に向かう前に、どういった症状で鼻炎になったと感じるのか思い返しておきましょう。
鼻の状態を見るために、鼻鏡を使って検査をします。鼻の粘膜の状態や、鼻水の状態を調べることができます。アレルギーを起こしやすい粘膜なのか、鼻炎の症状がでているのかなどは、この段階で判断されることが多いです。
次に、鼻水を採取して、その中に含まれている成分を調べると言う鼻汁細胞検査を行ないます。好酸球という白血球が多い場合、アレルギー性鼻炎と診断されることが多いようです。
鼻炎症状を起こすアレルゲンを見つけるために血液検査を行ないます。ハウスダスト、花粉、ペットの毛などで、どの程度のアレルギー反応を示すかを確認することができます。ここで効率的な治療法を判断することになります。
血液検査の代わりに皮膚テストを行なって検査する方法もあります。効率的な治療を行うためにも、検査はしっかりと行ってもらいましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事関連ページ

鼻炎対策グッズについて
花粉症などの鼻炎の季節が近づいてくると、それを予防するグッズがたくさん登場してきます。鼻炎のためのアイテムでも特に人気があるものを紹介していきましょう。まずは鼻炎対策マスクです。鼻炎対策マスクはたくさ... 鼻炎対策グッズについての続きを読む>
鼻炎と飲酒
鼻炎の症状がある方は、お酒を飲んでしまうと、鼻炎の炎症が悪化してしまうことがあるということを知っていますか。体の中にアルコールが入ってしまうと、体内の血行が良くなるため、血管が膨張してしまいます。鼻炎... 鼻炎と飲酒の続きを読む>
鼻を正しくかむこと
鼻炎の代表的な症状である、鼻水が出てきた場合、多くの人は鼻をかむという行為をとるでしょう。鼻をかむという行為は、いつの間にか多くの人がやっていますが、正しい花のかみ方をする必要があります。鼻をかむこと... 鼻を正しくかむことの続きを読む>

このページの先頭へ戻る