鼻うがいの方法

鼻炎になっているときの鼻の不快さは相当にひどいものです。鼻の不快感は、薬を使うことである程度は和らげることができますが、それでも鼻の違和感は感じてしまうものです。
そういうときにぜひ実行して欲しいものが「鼻うがい」です。鼻うがいをすることで、鼻の粘膜にくっついた花粉をさっぱりと落とすことができますので、特に花粉症による鼻炎に悩んでいる人にお勧めの方法です。
それでは鼻うがいの方法を説明していきましょう。鼻うがいのために準備するものは、人肌くらいのお湯100ccに食塩1gを溶かしたものと、鼻に食塩水を流すための注射筒のみです。
ちなみにこの食塩の濃度は体液と同じになります。これ以上食塩の濃度が高いと、粘膜には刺激が強くなりますので、濃度が濃くならないよう注意しておいてください。
鼻うがいですが、作った食塩水を注射筒を使って鼻に流し込みます。顔を斜め上に上げて行うことで、食塩水を鼻に流し込みやすくなります。
食塩水を流し込み、のどに流れていく感覚を感じたら、前かがみになって鼻から食塩水を出しましょう。この時、無理に出そうとするのではなく、自然に流れてくるようにしてください。無理に出そうとして、鼻をかむようにすると、食塩水が勢いにのって耳に流れてしまうことがあるためです。
また、一度に食塩水を流し込みすぎると、同じように耳に食塩水が流れてしまいます。慣れるまでは、上手くできないかもしれませんが、慣れてきて上手くできるようになると、鼻炎シーズンでも、鼻の中を快適にして過ごすことができるようになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事関連ページ

鼻炎対策グッズについて
花粉症などの鼻炎の季節が近づいてくると、それを予防するグッズがたくさん登場してきます。鼻炎のためのアイテムでも特に人気があるものを紹介していきましょう。まずは鼻炎対策マスクです。鼻炎対策マスクはたくさ... 鼻炎対策グッズについての続きを読む>
鼻炎と飲酒
鼻炎の症状がある方は、お酒を飲んでしまうと、鼻炎の炎症が悪化してしまうことがあるということを知っていますか。体の中にアルコールが入ってしまうと、体内の血行が良くなるため、血管が膨張してしまいます。鼻炎... 鼻炎と飲酒の続きを読む>
鼻を正しくかむこと
鼻炎の代表的な症状である、鼻水が出てきた場合、多くの人は鼻をかむという行為をとるでしょう。鼻をかむという行為は、いつの間にか多くの人がやっていますが、正しい花のかみ方をする必要があります。鼻をかむこと... 鼻を正しくかむことの続きを読む>

このページの先頭へ戻る