不妊症を改善できる方法

不妊症を調べる

結婚して夫婦生活があっても、2年ほど妊娠しないということになったら、不妊症とされています。原因を知ることから始め、不妊治療に入ることになります。 産婦人科に行き、検査をしてからその原因がどこにあるのか特定していきます。そして女性だけではなく、男性も一緒に治療を受けに行くことをお勧めします。

妊娠するためには、一定以上の条件が揃う必要があります。女性の場合であれば、ホルモンの働きが重要です。 ホルモンのバランスを調べるために、黄体機能不全かどうかの検査をします。基礎体温のグラフからは、排卵があるかが分かります。

不妊がホルモン異常とされた場合には、薬での治療が始まります。排卵がない時には、排卵が起きるように誘発治療をしていくことになるでしょう。 排卵障害があると、上手に卵胞が育っていない状態です。卵子の状態も大切ですが、子宮内膜の厚さも重要な要素です。 超音波を使って子宮内膜を調べることになります。ここで卵胞の状態も知ることが可能です。

卵管が通っていないと着床に至らず、不妊となります。卵管の状態は卵管造影、通水検査などで調べます。 卵管が詰まっていることが原因の不妊かどうかが、この検査で分かります。通水検査で卵管の詰まりを見た結果によって、造影検査をしていくことになります。


このページの先頭へ戻る