不妊症を改善できる方法

不妊症になる原因

不妊症になる原因は人それぞれです。結婚して、子供がほしいと願っていても、なかなか妊娠しないと心配になる人も多いでしょう。 一般的に2年経っても妊娠しない状態が続いていたら、不妊とされています。できたら早めに診察を受けてみるようにしましょう。

不妊の原因は男性、女性どちらにもあり得ます。どちらも、検査を受けることから治療を始めましょう。 ふたりで受診することで、不妊治療も始めやすくなります。原因の特定もしやすいものですから、そろって病院に行くようにしましょう。

男性不妊の場合には、精子を調べることになります。男性の場合には、これで何が原因かを知ることが可能です。

女性の場合には、自分でできることに、基礎体温表をつけるということが挙げられます。 不妊症を疑う前から、妊娠を希望するならばつけておくようにします。排卵があるか知ることができる、とても重要なデータとなります。 測る時もポイントがあり、同じ時間に測るようにします。不規則な状態では正確なことが分かりません。同じ時間に測ることと、睡眠時間も同じくらい取るということが必要です。 数か月分は基礎体温をつけるようにします。そして不妊かもしれないとなった時、病院には必ず持参するようにしましょう。


このページの先頭へ戻る