不妊症を改善できる方法

不妊症チェック

女性の場合には、普段の生理の状況や排卵の有無で、不妊かどうかをチェックすることができます。不妊症治療で大切なのは、早期発見と早期治療です。 結婚している人もしていない人も、この二つを確認することで、不妊になる可能性があるかが分かります。

排卵がないという時や、生理の状態がおかしいという時には、生活習慣による体質の変化も、不妊を引き起こす原因が隠されています。 冷え性になると、そこから栄養が行かずに生理にも悪影響が出ます。この冷えは偏食からきている場合もあるのです。

バランスよく食べ、それがきちんと栄養になっていないと、生理不順になるケースもあります。特に体が冷えてしまうような冷たいものを多く摂りすぎていると、不妊の危険性を高くしてしまいます。 生理が軽いという人は、極端に量が少ないということはないでしょうか。子宮の発育が悪い可能性があります。ホルモンの分泌量が少なくても、血液の量が不足します。 逆に多い人は子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が心配です。これらは妊娠しづらい体になってしまいます。生理痛が重いという人は、検査で調べてもらったほうがいいでしょう。 生理の状態で、不妊になるか判断できます。毎月やってくるものですから、よく確認するようにしましょう。


このページの先頭へ戻る