不妊症を改善できる方法

不妊治療の始め方

不妊症かもしれないと、いつまでも悩んでいても解決されることはありません。もし体のどこかに異常があり、不妊になっているのであれば、早く病院で診てもらうと安心です。

万が一不妊症といわれても、気長に治療を続けるようにします。いつ妊娠するという保証はないので、ある程度の覚悟が必要です。 長い時間が必要となる場合もあります。ゆっくりあせらずに、治療を続けるようにしていきましょう。

まずは、軽い気持ちで産婦人科に行きます。これも不妊治療にはとても重要なポイントです。 その時には、参考になるように基礎体温用を持って行きます。一回だけの記録では不足していますから、何か月分か記録しておくようにしましょう。 基礎体温表がないとなると、そこから時間が少々かかります。生理が始まる時期や期間など、覚えていることを伝えるようにしましょう。

入院した経験の有無や、病気にかかったことがあるか、といったことも聞かれます。このことは、不妊治療にも関係することです。 検査をしてから、不妊治療を始めることになったら定期的に通院することになります。排卵に合わせて、来院する場合もあります。妊娠するために必要なことです。 体質を変える治療のほか、体外受精や人工授精などを受けるという場合などもあります。


このページの先頭へ戻る