不妊症を改善できる方法

卵管通水による不妊検査

卵管に不妊の原因があるのではないか、となった時にする検査が、卵管通水検査と通気検査です。この検査は、検査の結果が悪いような場合には、痛みが出る検査です。 通気検査と通水検査のどちらも、子宮内から空気や生理食塩水を入れて、卵管の詰まり具合をチェックします。子宮口にはふたをしておき、なかの状態を調べることができるものです。

使用するのは、炭酸ガスや生理食塩水です。これらの通りが悪いとなったら詰まっている証拠で、不妊の原因になっています。 この不妊検査で、癒着がひどい場合には、強い痛みを感じることになります。我慢することなく、きちんと医師に知らせるようにしましょう。

この詰まりを調べる不妊検査の時には、その癒着がはがれてくるという場合があります。そのため痛みがあるのですが、これによって妊娠しやすくなります。 検査と同時に治療の役目を持っていますから、不妊の女性のとっては、受けてみることをお勧めします。ここでの検査で、詳しいことが分からなかった場合には、卵管造影をして、詰まっている部分を特定することになります。 痛みがある時には、詰まっていることが予想されます。逆に何も痛みがないという時には、卵管に異常がないということが分かるでしょう。


このページの先頭へ戻る