不妊症を改善できる方法

子宮内膜症から起きる不妊

生理の時の量が多いという人は、子宮内膜症かもしれません。子宮内膜症は、不妊治療をしている人の60パーセントを占めるほど、高い割合で起きています。 本来子宮内膜はそのままはがれおちて、生理の時の血液と一緒に出てくるものです。それが子宮内ではなく、ほかの部分に溜まってしまう状態です。 それが出血量を多く見せている原因でもあります。チョコレートのような塊となっていることが多くあります。

そのままにしておくと場所によって癒着が起き、不妊の原因になります。卵管で癒着が起きていると卵管が詰まります。骨盤や卵巣、子宮などでも癒着が起きるのです。 通常よりも量が多いのが特徴です。内膜がはがれおちる時には痛みがあるために、生理痛もひどくなります。 場所によりますから、腰痛や腹痛など、どれも痛みが激しくなります。

この子宮内膜症は生理が起こっている時から、分かりやすい症状です。そのまま放置することなく、早く治療を始めるのが、不妊対策でもあります。 ひどい症状の人の場合には、開腹手術や腹腔鏡手術をしていきます。ホルモン剤を投与して、子宮内の病気治療をしていきます。軽い人の時には、鎮痛剤の使用で痛みを止めるようにします。

子宮内膜症は不妊になる危険性を高くします。痛みがあるので、我慢せずに早く産婦人科に行って診てもらうようにしましょう。不妊は、早い段階から取り組むことで、解消する確率も高まるのです。


このページの先頭へ戻る