不妊症を改善できる方法

多嚢胞性卵巣症候群からくる不妊症

卵巣のなかに、たくさんの卵胞が溜まっている状態のことを、多嚢胞性卵巣症候群といいます。排卵が起きにくい状態のために、不妊症になる確率が高くなってしまうものです。

不妊症かもしれないとなった時に、エコーを使って検査をします。卵巣を調べると、卵胞が数多く見つけることができます。 この状態を表現しているのが、ネックレスサインです。真珠のネックレスのように見えるほど、多くの卵胞があることが分かります。 この多嚢胞性卵巣症候群になってしまう原因は、卵巣代謝の異常や、ホルモンバランスの悪さなどが考えられています。原因が特定されているものではありません。 ほかに出る症状から、不妊になりうる多嚢胞性卵巣症候群ではないかと疑ってみることができます。

肥満の人や、男性ホルモン量が多いことから多毛になることなどがおもな症状です。月経時には量が多くなりますが、排卵が起きていない場合には生理不順になります。 排卵が起きないのは、卵巣内がとても硬いことが原因です。そのため不妊になってしまいます。

検査をして、早く多嚢胞性卵巣症候群の治療を始めることが必要です。エコーのほか、男性ホルモン量や黄体形成ホルモンを調べることで分かります。 不妊治療には根気が必要です。長い目で取り組みましょう。


このページの先頭へ戻る