不妊症を改善できる方法

不妊になる黄体機能不全

妊娠するためには、排卵が起きないといけません。この排卵を起こすためには、きちんとした生活習慣が重要です。 成熟した卵胞にするためには、いつも決まった時間にご飯を食べる、就寝するなどの習慣が大切です。不妊になる危険性を低くすることができ、健康維持にもつながります。 排卵が起きても、卵胞の状態が悪いということも考えられます。不妊治療の一環としても大切で、妊娠してからの生活にも関係することです。

規則正しい生活ということが、不妊を解消し、妊娠するためには重要なことになります。 体が冷えていたり、不規則な生活をしていると黄体機能不全が起きやすくなります。これは子宮内膜の状態が悪く、着床しにくい子宮の厚みしかありません。 受精することができなかったり、受精しても成長させることができなかったりと、不妊の原因となります。このほか、黄体形成ホルモンの分泌が不足していることや、卵胞刺激ホルモンが不足していることで、黄体機能不全が起きます。

基礎体温を見ると、低温期と高温期の差がありません。高温期の期間が短いという場合もあります。 この黄体機能不全による不妊治療は、薬物療法が行われます。HCGやトラールのような黄体ホルモンを投与する方法や排卵誘発剤の使用などです。 それぞれ黄体期、卵胞期に投与することになります。


このページの先頭へ戻る