不妊症を改善できる方法

不妊の原因となる抗精子抗体

女性の体に抗精子抗体があると、不妊となります。抗精子抗体があると、精子の運動を止めてしまうことになるからです。 そのほとんどは子宮頸管粘液にできます。ほかにも、卵胞液、卵管、子宮腔内にそれぞれできる可能性があります。 その部分に精子がくると、精子の侵入を防ごうとしてしまいます。受精することができずに、不妊症となるのです。 その抗精子抗体の強さによって、治療法が異なります。この場合の不妊症は、血液検査で判断することが可能です。

どんな状態であっても精子を防いでしまうと、妊娠することができません。一番効果の高い治療となるのが、体外受精です。 この方法であれば、子宮頸管を通ることなく受精させることができます。抗精子抗体があったとしても、妊娠の可能性を高くすることが可能です。

抗体が弱い時には、人工授精という方法もあります。これは精子を洗浄し、その上で子宮内に戻す方法です。 抗精子抗体の役目は、一種のアレルギー反応のようなものといってもいいでしょう。抗体と精子が結びついてしまうと、それ以上子宮内に進行することができません。 このような状況であっても、人工授精や体外受精のような不妊治療が行われています。抗体が弱い人も強い人も、どちらでも可能な不妊治療です。


このページの先頭へ戻る