不妊症を改善できる方法

不妊になり得る高プロラクチン血症

妊娠中や出産後に、乳腺の発育を促進させるものが、プロラクチンというホルモンです。このホルモンが妊娠していない状況であっても分泌されてしまうと、高プロラクチン血症となり、不妊症の原因となってしまいます。

脳下垂体から分泌されているのが、プロラクチンです。このホルモン量が多くなると、排卵が起きにくくなります。そのため、不妊症となるのです。 原因が特定できないものが多く、特定されているものとしては、中絶や流産が挙げられます。薬によってプロラクチンが多くなってしまうこともあります。病気が原因の場合なら、脳腫瘍も原因となるものです。

不妊治療を始めたいという時には、血液検査をすると、この高プロラクチン血症が発見できます。薬の服用がおもな不妊治療となります。脳腫瘍が原因という時には、当然脳の手術が先です。

内服薬はとてもよく利用されています。不妊治療が必要な人には、排卵障害が起きている人が大勢います。このなかの約20パーセントは、この高プロラクチン血症といわれています。 カバサールやパーロデル、テルロンなどが治療薬となります。副作用が出る場合がありますので、医師と相談しながら、様子を見ていくようにしましょう。


このページの先頭へ戻る