不妊症を改善できる方法

二人目不妊について

今は、結婚する時期が遅いというカップルが多くいます。平均的な結婚年齢が上がっているということは、必然的に出産年齢も高くなってしまいます。

最初の妊娠は成功したのに、二人目がなかなかできないということになると、二人目不妊といわれてしまいます。 初産から数年経って、二人目を産むとなった時の女性の体は、それだけ老化現象が現れています。子宮の状態も悪くなります。卵子が育たないということもあるのです。 ひとり目の時にも妊娠する時期が遅れたという人の場合には、体が再度、不妊の時に戻っている可能性があります。ホルモンのバランスが崩れたり、排卵障害などが考えられます。 年齢が上がっている分、二人目の妊娠がもっと不利になってしまうものです。このほかにも、出産の際の感染症が原因の不妊という可能性も考えられます。

機能的な衰えも見過ごせませんが、クラミジアなどの感染もあり得ます。感染すると卵管が詰まり、不妊症になっているという場合もあるのです。

初めての出産と二人目の出産では、条件がいくつも違ってしまいます。続発性不妊症ともいわれるこの症状は、30歳以上の女性の場合に起こりやすくなっています。 数年経っても妊娠しないという人なら、病院で診てもらうようにしましょう。


このページの先頭へ戻る