不妊症を改善できる方法

ゴナドトロピン療法で不妊治療

いろいろな方法の不妊治療があります。排卵が起きていないという時の不妊には、排卵誘発剤が使われています。

おもに第二度無月経といわれる症状の時に行われている排卵誘発法が、ゴナドトロピン療法(hMG―hCG療法)といわれるものです。

比較的軽症の排卵障害のとなる、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の場合には、クロミッドによる治療が行われます。この時に排卵が起きにくい状態が続いていると、さらにその後hMG―hCG療法をする方法が取られます。 クロミッドで副作用が出たという場合でも、こちらの治療が選択されることがあります。副作用としては、子宮内膜が着床できるほどの厚さにならないという場合や、頸管粘液の減少などがあります。

クロミッドは経口薬ですが、こちらのゴナドトロピン療法の場合には、筋肉注射となります。hMG製剤には内服薬がないためです。 とても強力な不妊治療薬とされ、筋肉注射ということもあり、痛みをともないます。ですが、卵胞を成熟させて、不妊の改善ができる治療法です。 クロミッドによる治療で改善が望めないという人は、こちらの治療法を検討してみましょう。なかなか治療の効果が出ない不妊治療というのは、とてもつらいものです。 尚、ゴナドトロピン療法は、1日おきに注射をすることになるようです。


このページの先頭へ戻る