不妊症を改善できる方法

カウフマン療法で不妊治療

不妊治療のなかに、カウフマン療法があります。これはホルモン不足を補いながら、生理周期がきちんとくるようにする治療法です。 これによって排卵が起きるようになり、正常な生理もくるようになります。おもに、生理がこなくなった人や生理不順の人に行われています。

生理がくるように、薬を使った治療をしていきます。数か月以上治療を続けることで、体でホルモンの分泌ができるようになり、不妊を解消します。 排卵を促すものではありません。そして薬を使って人工的に生理周期を作っています。このため基礎体温表を見ると、低温期と高温期に分かれることになります。 きれいなグラフが完成しますが、排卵が起きているわけではないために、不妊が治った状態ではありません。卵巣が活動していませんから、ここで妊娠するということはないのです。

治療法は、高温期には黄体ホルモンを補い、低温期にはエストロゲンを補います。これで不足分のホルモンを補っていきます。治療対象とされる不妊症のタイプはいろいろあります。

早期月経や月経血量異常、機能性子宮出血、月経持続期間異常、稀発月経、揮発月経、第一無月経、第二無月経の人です。 このカウフマン療法を続けることで、不妊症の体が、自然に妊娠できる体に変化していきます。


このページの先頭へ戻る