不妊症を改善できる方法

顕微鏡授精による不妊治療

自然に妊娠することが難しいという場合があります。たとえば男性不妊の場合です。 治療効果が得られない時や、男性側に不妊原因がある時には、体外受精や顕微授精という方法が取られます。男性の場合には精子の数が少なかったり、運動率が悪いことなどが理由です。受精するだけの力がないために、女性側に不妊原因がなくても妊娠できません。

体外受精の場合には、体外で受精させたものを子宮に戻す方法です。これに対し、顕微鏡受精の場合には、より高度な方法となっています。 精子の数が極端に少ないという人でも、採用できる方法なのです。無精子症といわれている人でも、この顕微授精ならば授精が可能です。 精子を直接卵子に入れて受精させます。精子がひとつでも見つかったら、可能な妊娠方法です。もっとも高度な治療法で、種類が3つに分けられます。

成功する確率がもっとも高い不妊治療とされているのが、細胞質内精子注入法です。ただ、この方法は保険が効きません。

ほかには、透明帯開孔術(PZD)や囲卵腔内精子注入法(SUZI)があります。保険が効かないという方法のために、体外受精と比較しても高くなります。 不妊治療をしている人で、顕微授精をしたいという人は病院に相談してみるといいでしょう。


このページの先頭へ戻る