不妊症を改善できる方法

男性不妊について

不妊症になっているのは女性ばかりではありません。男性側に原因があるという場合もあります。 割合は同じです。男性側に原因があるという場合が全体の4割、女性側にある場合が4割です。残りの2割は原因が特定できないものです。

男性側の不妊原因に多いものが、造精機能障害です。これは精子が作れないということを意味します。 5つのタイプに分けられています。無精子症、乏精子症、精子減少症、精子奇形症や精子無力症です。このほかにある原因としては、性機能障害や精管通過障害、副性器障害などを挙げることができます。 精子が作れない造精機能障害は、男性不妊の9割という、大きな割合となっています。不妊かどうかを確認するには、精液検査をすることになります。 まずは1週間ほど禁欲します。それから採取した精液を検査して、不妊を確認します。 ここでの検査をすると、それぞれ妊娠に必要な条件がそろっているかを見ることができます。WHOでは、健康な精子の基準となる数値が決まっています。 精子の数は正常な時で1ミリリットル中2000万匹いること、生存率が70パーセント以上、奇形率は15パーセント以下です。このほか全身運動精子として50パーセントとされています。 精液の量が不足していてもだめで、生存率が低くても、不妊症とされてしまうことになります。


このページの先頭へ戻る