二重まぶたにする方法

二重まぶた 外科手術の種類

二重まぶたを手術によって作り出すときには、手術法やケアの方法などを慎重に検討する必要があります。その人のまぶたの脂肪のつき具合や状態によって、適した手術法というものはそれぞれ違ってきます。手術に挑む前に、医師としっかり相談し、納得のいく方法で手術を受けるようにしましょう。

まぶた周辺の脂肪量が多く、腫れぼったい目をした人には全切開法が向いています。全切開法は効果が長時間持続するという大きなメリットがあります。ただ、体にメスを入れるといった方法であるため、そのリスクと影響についてはしっかりと理解しておく必要があります。

まぶた周辺の脂肪がそれほど多くなく、かんたんに二重まぶたにしたいという人は埋没法を試すとよいでしょう。埋没法は、まぶたを切開することなく二重まぶたを手に入れることができるので、傷跡も少なく目立たないのが特徴です。ただし、まぶた糸で固定しているので、その糸が何らかの要因でほどけた場合は二重まぶたのラインが崩れてしまいます。

埋没法がうまくいかない人はマイクロカット法がおすすめです。マイクロカット法は特殊な器具を用いて、細い針を通じてまぶたの余分な脂肪や皮膚を除去していきます。その後に埋没法によって二重まぶたに固定するので、より長い時間効果を発揮することができます。


このページの先頭へ戻る