二重まぶたにする方法

二重まぶたを作り出す埋没法

二重まぶたを比較的かんたんに作り出す手術の方法として、埋没法というものがあります。埋没法とは、まぶたの部分を糸で固定して二重まぶたを生み出す方法です。埋没法はまぶた付近を切ることなく二重まぶたを作り出すことができるので、危険度が低いこともあり人気があります。

また、埋没法は何度もやり直すことが可能であるという長所があります。手術後に見栄えに納得できない場合でもかんたんに手術を受けなおすことができるのです。手術にかかる時間も数十分程度で済むところも、人気がある要因ということができるでしょう。

ただ、埋没法であっても手術の際の痕は多少残ってしまいます。しかし、二重まぶたに隠れるようにしてくれるので、他人の目から見て目立つような痕はないようです。埋没法によって二重まぶたにすることのマイナス面もいくつかあります。

そのうちのひとつは、まぶたをとめている糸がほどけて二重のラインが消えてしまう可能性があることです。あくまで糸で固定している状態なので、何らかの要因でその糸がほどけてしまえば、まぶたのラインが崩れてしまいます。一本の糸だkでなく、たくさんの数の糸を使ってまぶたを二重にする手術の方法も行われています。


このページの先頭へ戻る