二重まぶたにする方法

二重まぶたの美容整形の問題点

二重まぶたの美容整形手術の需要は年々高まりつつあります。メスを使わず手軽に行えるリーズナブルな手術も存在しますので、よりいろいろな人の関心を集めています。 一般的に、二重まぶたに強い執着を持つのは女性だけだと思われがちですが、実は最近では、男の人が二重まぶたの美容整形を希望しています。しかも、増加傾向にあり、男性の美意識が高まったことを象徴しています。

このような明るいニュースの陰で、実は、二重まぶたの美容整形手術の問題点も浮き彫りになってきています。とは言え、前提として「問題」や「トラブル」と感じるかどうかという点では、個人差があります。

何らかの不具合があるのは百も承知で、二重まぶたの美容整形手術を受ける人もいれば、極めて些細なことでも「問題点」と感じてしまい、過剰反応してしまう人もいる、ということだけは頭に入れておきましょう。

二重まぶたの美容整形には、埋没法と切開法があります。埋没法は、人によっては二重まぶたが長く続かないことがありますが、再手術が可能なため、こちらを選ぶ人が多くいます。

切開法は、やり直しが利きませんが、二重まぶたが顕著に表現できます。ただ、自分が納得がいかなくても、やり直すことができません。 事前のしっかりとした医師との話し合いが必要になるでしょう。


このページの先頭へ戻る