二重まぶたにする方法

二重まぶたを作るマイクロカット法

二重まぶたを作り出す外科手術の方法はいくつかあります。比較的かんたんに二重まぶたを作ることのできる埋没法を、さらに発展させた手術法がマイクロカット法です。埋没法はかんたんにできるという大きなメリットがあるのですが、まぶたの皮膚を固定する糸がほどけてしまいやすいというデメリットもあります。

特に、まぶた周辺の脂肪が多い人の場合は、埋没法の手術を受けても糸がほどけやすく、二重まぶたを維持できないというケースが見られました。マイクロカット法は専用の器具を用いることで、まぶた周辺の皮膚を切ることなく、細い針の穴から脂肪を取りだしていきます。手術の傷跡は、その際に生じる針がささった部分の傷だけで、二重まぶたに隠れるようになるので目立つことはありません。

余分な脂肪分を取り除いてから埋没法を行うことで、二重まぶたの線をより長い時間保持することができるようになります。マイクロカット法は傷跡も少なく、かんたんにできることから人気のある手術法ですが、いくつかの注意点があります。まぶた周辺の脂肪が多すぎる人は、マイクロカット法は向いていません。

また、両目の脂肪をバランス良く取り除く必要があるので、実績のある医師に依頼することが大切です。手術の前にしっかりと説明を受け、納得のできる病院を選択するようにしましょう。


このページの先頭へ戻る