二重まぶたにする方法

二重まぶたを作る全切開法

二重まぶたを作り出す方法には、実にさまざまなものあります。そのなかでも、完全なる二重まぶたを手に入れたいという人には、全切開法による手術をおすすめします。全切開法は、まぶた周辺の脂肪や皮膚の余った部分をメスで切ることによって取り除き、二重まぶたを作り出します。

手術によってまぶたの形を変えることになるので、アイプチのような一時しのぎの方法ではなく、完全な二重まぶたを作り出すことができます。また、糸で固定する埋没法とも違って、途中で手術の効果が薄れることもなく、二重の状態を長く保ち続けることができる手術法です。全切開法による手術は短時間で終了するので、入院することなく日帰りで行うことができます。

ただし、抜糸や術後経過を見るためにしばらく通院する必要があります。全切開法は体にメスを入れるため、慎重さが求められます。目は顔の中でもバランスを保つ部位であるため、少しのズレでも大きな違和感を抱く恐れがあります。

全切開法は失敗すると再び手術することは困難とされているので、事前のカウンセリングと切開位置の確認が必要となります。全切開法による手術を受ける場合は、手術実績のある信頼できる医療機関に依頼したいものです。


このページの先頭へ戻る