スポンサードリンク

文部科学省の不登校についての対応

年々、不登校の児童や生徒が増加しているため、文部科学省は、以前と比較して、不登校についての対応を行うようになってきています。

不登校の児童や生徒が、教育支援センター(適応指導教室)や民間のフリースクールなどで指導を受けた場合でも、一定条件を満たせば、在籍校の校長は出席日数としてみなすことができるようになったということは、文部科学省の不登校についての対応で、注目される点です。

さらに、中学校卒業程度認定試験における受験資格も拡大され、不登校の生徒が高校受験できるようになりました。 教育委員会が、教育支援センター(適応指導教室)を設置し、スクーリング・サポート・ネットワーク整備事業(SSN)により、家庭への訪問指導や教員や指導員の研修などを充実させようとする早期に不登校を解決するための取り組みも行われています。 また、心の教室相談員やスクールカウンセラーを校内に配置して、相談のしくみを整えようという取り組みも拡大してきています。

不登校の原因と対策記事一覧


このページの先頭へ戻る