スポンサードリンク

不登校の体験記の紹介

不登校の体験談をまとめて紹介します。

「声変わりのときにまわりにからかわれて、学校に行けなくなりました。自分の気持ちを誰にも理解してもらえないつらさから、家庭内暴力に走ってしまいました。フリースクールに行くようになって、自分の気持ちをわかってくれる友達ができて、親にすまないと思うようになりました。」

「理不尽に先生に叱られ、学校に行きたくなくなって、数週間学校を休みました。勉強がわからなくなり、学校に行かなくてもいいかなっていう気持ちになって、学校に行けなくなりました。」

「息子が、不登校になってしまった。強引に学校に連れて行っても、叱っても、効果がない。話をきいているうちに、担任教師と合わないことが原因だということがわかり、フリースクールに通わせることにした。たのしそうに通っているので、息子の個性を活かしてくれているように思う。」

「オンラインゲームばかりやっているうちに、学校に行きたくなくなった。不登校になった自分のことが不安になっても、オンラインゲームをしていれば忘れられるため、ますますオンラインゲームにのめりこんだ。」

不登校になるきっかけは、深刻ないじめだけでなく、ささいなことまで原因になりえます。親の対応によって、その後の子供の人生が大きく変わってしまうこともあるようです。


このページの先頭へ戻る