スポンサードリンク

不登校の学校の対応

不登校の学校の対応として、「不登校児童生徒に対するきめ細かく柔軟な対応」と「不登校にならないための魅力的な学校づくり」を文部科学省が推奨しています。

学校の不登校への具体的な対応としては、 児童や生徒とふれあう機会を増やして、話を聴く、児童生徒の状況を把握し、保護者や他の教職員から情報を収集して、学校だけで対応できないときには、関係機関などに専門的な観点からの協力を得ることが必要としています。

不登校の原因によっても、不登校児童生徒への対処法は違います。 また、家庭訪問などもストレスになってしまい、場合によっては逆効果になりますので、慎重な対応が大切です。

教師と父兄とのコミュニケーションも不登校の児童生徒への対応だけでなく重要です。 ただ、担任の教師によっては、対応されていないというのが現状のようです。 担任教師が、父兄と連絡を取って、不登校の児童生徒にとって、どうするのが一番よいのかを考えるのが理想ですが、心の教室相談員やスクールカウンセラーがいる学校であれば、相談してみるのもいいかもしれません。

不登校の学校の対応は、学校によって様々ですが、父兄の方から積極的に在籍校に働きかけて、解決策を探ることが必要です。学校と相談しないでフリースクールへ行っても、出席日数として認められませんし、復学の可能性もなくなってしまいます。不登校の原因が学校にあるのだとしても、学校を無視して不登校の問題を解決することはできないのが現状です。


このページの先頭へ戻る