犬は調教で変わる

自分の愛犬を叱るのは、調教とは言え胸が痛むこともあるかもしれません。ですが本当に自分の愛犬がかわいいと感じ、愛しているというのであれば、しつけは絶対に必要です。当事者である犬も、しつけられることで秩序を保て、安心が得られる部分はあるでしょう。

犬とは言え、調教は人間と大きくは変わりません。だめなものはだめ、良いことは良いということでメリハリをつけ、いけないことをすればしっかりと叱り、良いことをすれば愛情いっぱいで、犬をほめてあげる必要があります。 しっかりと、調教としての飴と鞭を使い分けることで、秩序を作ってあげることが大切です。この飴と鞭を、飽くことなく繰り返し行ってあげることで、犬も、事の善悪を把握し、理解し、成長していくものなのです。

犬の調教としてのほめ方は簡単です。愛犬の気持ちの良いところや、好きな食べ物は飼い主であるあなたが一番良くしているはずです。良いことをしたときには目いっぱい可愛がって遊んで会えると良いでしょう。 逆に、犬を怒る時は、レスポンスを早くしてあげることを心がけましょう。今悪いことをしたから、今怒られたんだ。と犬に感じさせてあげることが重要です。大きな声で脅かすのではなく、いつもと違った声のトーンで言い聞かせるように怒ります。 犬を支配するのではなく、愛情を持ってしつけるんだという姿勢が大切です。

自宅でできる犬の調教記事一覧

TVや雑誌で話題の2秒で愛犬をおりこうさんにする方法はこちらです。

このページの先頭へ戻る