多汗症の治療

多汗症の治療は皮膚科、心療内科、美容外科などで行われていますが、 治療方法には、精神療法、薬物療法、手術の3種類があります。

精神療法では、カウンセリングにわる治療が行われます。 カウンセリングで多汗症への恐怖感を小さくすることもできますし、交感神経の働きを正常にしていくといった効果も期待できます。

精神療法は、多汗症の有効な治療に有効です。 多汗症の原因は精神的なものだけではないのですが、汗をかくこと自体に強く恐怖を感じているような状態の場合は、精神療法は効果があります。

薬物療法では、神経遮断薬の抗コリン剤を使用する場合が多いです。 薬物療法では薬で汗を抑えていきます。 抗コリン剤は汗をかくときに交感神経から出るアセチルコリンという物質を抑える働きがあります。多汗症に効くとされている薬の一つです。 ただ、口の渇きや便秘といった副作用もあるので、医師との相談が必須です。

他に多汗症の薬物療法に使われる薬として、精神安定剤があります。 精神的な緊張を緩和して多汗症の症状を和らげるために使用されます。

多汗症を完全に治す方法として手術があります。 手術によって、発汗を促す交感神経をブロックして多汗症を治します。 手のひらの多汗症の場合は、わきの下を数センチ切り、胸腔鏡を使って胸部交感神経を遮断します。手術時間自体は短く、患者への負担が小さいことが特徴です。


このページの先頭へ戻る