多汗症の対策

多汗症の対策として、日常生活でいろいろな工夫をしていくこともできます。

とくに制汗剤は、バリエーションも増えてきていますし、効果も高くなってきています。制汗剤には、スプレータイプのものと直塗りタイプのものがありますが、効果だけとってみると直塗りタイプのほうが効果が続くようです。

多汗症の制汗剤として最近人気を集めているのが、アルミニウム入りの制汗剤です。 アルミニウム入りの制汗剤は、わきの下の多汗症によく効くとクチコミで評判になっています。ただ、アルミニウムは人体に悪い影響があるとも言われていますので、 アルミニウム入りの制汗剤を使用する場合は、医師に相談して病院で処方してもらうようにしてください。

制汗剤のほかにも、多汗症の対策として、一般的に言われているものがあります。 たとえば、肉を多く食べる人は汗をかきやすいということも、よく言われています。 肉のたんぱく質が消化される際に熱を放出するため、汗が出やすくなります。 水をたくさん飲むと汗をかくとも言われますが、こちらはほぼ因果関係はありません。 水分はほとんど尿となって排出されますし、多汗症でも飲む水の量と汗の量は関係ないようです。

その他には、服装も工夫できます。汗じみの目立たない服を着れば、汗をかいても大丈夫という意識を持つことができて、精神的に楽になります。


このページの先頭へ戻る