多汗症の手術

多汗症の手術について紹介します。 多汗症を治療する手術では、交感神経を切除します。 多汗症は、交感神経が活発に働いて汗をかくものなので、余分な交感神経を切除することで汗をかかないようにしていきます。 手のひらの多汗症の場合は、手術で完治を期待できます。

多汗症の手術は、まず全身麻酔をすることから始まります。 次に、わきの下に小さな穴を開け、胸腔鏡を挿入し、胸部交感神経を切除します。 足の汗を止めるには腰付近の交感神経を切除します。 手術時間は短く、多くの場合30分程度で終了します。

手術後に入院の必要がないケースがほとんどです。 手術跡もほとんど目立ちません。 ただ、注意する点もあります。 多汗症の手術後に手のひらの汗は止まっても、別のところに汗をかくようになる場合があります。これは、代償性発汗と言われています。 代償性発汗は、すべての人に発生するわけではありませんが、留意しておく必要があります。 また、頭痛や手が乾きすぎるなどの副作用が出ることもあるので、医師と十分相談の上、行うことが大切です。


このページの先頭へ戻る