多汗症 手のひらの場合

多汗症の中でも、手のひらの多汗症の方は多いです。 手のひらはいろいろな物をさわる部分ですから、汗をかくのを気にする人も多くなっています。

手のひらの多汗症には、症状の程度により、手のひらが湿って汗が光って見える程度のものから、汗がしたたり落ちるほど出るものまであります。 手のひらが人より多く湿る程度であれば、気にする必要もないのですが、 握手をして相手にいやな顔をされる経験などがあると症状が進んでしまうケースもあります。手のひらの多汗症は、想像以上に面倒なものなのです。

多汗症の原因は、精神的なものだけではないのですが、汗をかくことを恐れるようになると、逆に汗が多く出てしまうことになりますので、ハンカチを持ち歩いたり、服装を考慮するなどして、汗をかいても大丈夫という意識を持つようにしていくことも大切です。


このページの先頭へ戻る