多汗症とボトックス

ボトックスが多汗症治療にも使われているようです。

ボトックスとはボツリヌス毒素を製剤化したものです。 神経に働きかけてアセチルコリンの分泌を抑える効果があります。 汗が出るのは、このアセチルコリンが働くためなので、アセチルコリンの働きを抑えることで、汗を出なくすることが可能になります。。

汗をかく部分に直接注射するだけというのが、ボトックスによる多汗症治療です。 短時間で終わるため、手軽にできますが、ボトックスでは多汗症を完全に治療することはできません。ボトックスの効果は一時的なので、数年に一度打ち続けなくてはいけません。

ボトックスによる多汗症治療の効果も個人差があるようです。 まったく汗をかかなくなる人もいれば、効果があまり出ない人もいます。 また、多汗症治療にボトックスを用いることは日本では2008年現在、認められていません。


このページの先頭へ戻る